結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

チビ蛙 19ヶ月メモ

ある朝起きたら、チビ蛙の顔が「おいわさん」になっていた。涙
身体も前後共に真っ赤になってる。

・・・・・アレルギー反応!?

ショック~

昨日、食べさせたものは・・・・あ、旦那が海鮮丼のイクラと鮭の刺身を駄目だと言うのを聞かずに与えてた!
まさか~。

あわてて主治医にみてもらったが、本来はアレルギー専門医を紹介してもらうのが順序。
でも、今回はビーン2号の出産のための日本帰省が目前のため、とりあえず血液検査をしてもらった。

”結果が出るまでは、お魚類は食べちゃ駄目!それから万が一2度目のアレルギー反応がきて、(ピーナツアレルギーのように)呼吸困難になったときのために、EPIPEN(なるアレルギーショック自己治療注射)を処方しておくからね”と、先生。

え?呼吸困難??
こわ・・・・・・・(冷や汗)


数日間ひやひやしながら過ごしましたが、結果、魚類ほか、ピーナツ、かんきつ類などなど、よくあるアレルギーアイテムにはすべて陰性という結果が♪

先生は原因は特に断定できないとのことだったが、たぶん、生魚に含まれていたバクテリアだったのではないかと思ってます。
旦那はまさか刺身がまだ駄目だとは思っていなかったようですが、それって常識でしょ!というのが母の意見。男の人ってそんなものなんでしょう。
とーーーっても反省している模様。


-------------------------------------


お友達が愛犬Iちゃんを連れて遊びに来てくれた。いつも忍耐強くチビ蛙に付き合ってくれるIちゃんなんだが、その日はちょっとご機嫌斜め。
チビ蛙のぬいぐるみがきになってしかたない。(ま、赤ちゃんのおもちゃって、犬のおもちゃと似てるしね)
ついつい、噛み付いて遊んでしまう。
飼い主に嗜まれてついつい起こってしまったIちゃん。
その「がるるるる」という声を聞いて飛び上がって泣いたのはチビ蛙。

それが、よっぽどトラウマ体験だったようで、その後、何日もそのことについて話すようになった。
「わんわん、こんきー(モンキー)、まんまん」
「まま(犬の飼い主)、(ジェスチャーで駄目のサイン)」
「わんわん、おこった」

よっぽどビックリしたらしい。

-------------------------------------


今月のチビ

-「怖い」というコンセプトを理解しながら使っている模様。
-ベビーベッドから自力で出れるようになってしまった。やばい。危険である。
-自力でおむつを取れるようになってしまった。もう、おむつ一丁はさせれない。
-トイレで初のおしっこ。
-海に連れて行ったが、相変わらず波が怖い。

えーっと、えーっと、時間切れのため今回はここまで。
明日から里帰り出産のためチビ蛙と共に日本です。

日本の夏、嬉しいな~。
(でも、久々だから身体がついていくか心配・・・)
[PR]
by frogfreak | 2009-06-30 13:16 | チビ蛙 子育て