結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

チビ蛙1号 2歳メモ

アメリカにもどってあっという間に3週間。
毎日がめまぐるしく過ぎていきます。
気が付いたら女王様も2歳になりました。


アメリカにもどった当初は、覚えてはいるけど久々の自分のおもちゃたちも目新しく、一人で黙々と遊び、師匠のお世話も進んでして、何をするにも聞き分けよくとっても”いい子ちゃん”だったのだが、数日経ってから豹変。

「2歳児」です。
魔の大魔王、2歳児です。
先月はあんなに落ち着いていたのになぜ???

やはりばぁばの存在が大きかったのかな。
ママも忙しく、あまり遊んでもらえないし、衝突したときに気分を変えてくれる第三者的存在もいないせいもあるのかな。

朝食に1時間半もかかったり・・・
やり取りはこんな風
女王: (朝食のテーブルにパンがなかったので)パンが食べたい~!
ママ: (ポンを与える)
女王: (なにが気に入らなかったのか、手でぐちゃぐちゃにして)ぐちゃぐちゃになっちゃったー!
ママ: まだ食べれるからそれ食べなさい
女王: パンちょーだいー!新しいパン
ママ: あんたがぐちゃぐちゃにしたんだから、それ食べなさい!
女王: いやー!(パンを床に投げ捨てる)
ママ:   (ぶっちーーーーー!)(切れる音)
女王: ヨーグルトほしいー!
ママ: 用意して持ってくる
女王: いや!いらない!
ママ:  (ブチブチーーー!)
女王: こっちの椅子(パパの椅子)で食べる!
ママ:ここはパパの椅子でしょ。あなたは自分の椅子で食べるのよ。
女王: いやーーーー!ぎゃーーーー!!
ママ:  (ブチブチブッチーーーーー)


こんな具合の繰り返して1時間半。
ほとんどやくざに因縁つけられてるような堂々巡り。
2歳ですわぁ。

それでも20-21ヶ月のころのような、こちらがわけのわからないままの癇癪よりは楽かな。
女王様が何故お怒りなのかがわかるから。(だからコトによっては無視)
20-21ヶ月のころはこちらは何が何だか分からないまま、女王様は怒っているから、もう、いつ爆発するのかってびくびくだった。
ある意味、今のほうがマシ。


言葉
お友達がね、がぶってしたの (お友達に腕をかまれたことを思い出して)
ペンギンさんがね、かいぃかぃいしてたの  (動物園のペンギンが掻き掻きしていたのを思い出して)
サンタさんがねやっほーって言ってたの   (クリスマスデコレーションを思い出して)
Mちゃんんもお買いもの行きたいー
ママ。何やってるの~?Mちゃんね、バブルしてるの~

・・てな具合で、比較的スムーズなコミュニケーションが取れるようになってきました。
(人間相手の)ご挨拶もちゃんとできる。
お名前は?Mちゃん、いくつ?の質問に答えれるようになった。
英語も聞くほうはだいぶ分かってきたみたい。
でも、話すほうは全く駄目。まぁ、そのうちね。

生活
お友達との衝突が目立ちます。
おもちゃのとりあい。女王様が「かしてー」といってもかしてもらえない。(まぁ、この年齢じゃ当たり前だが)女王様が持っているおもちゃを取られる。まぁ、この時期よく見られる光景。
これに、過剰反応なんだよね。
火がついたように大泣き。
スイッチが入るとお友達とちょっと肩がぶつかったりしただけでも、大泣きになり、もう、泣いて泣いて泣いて・・・で、収拾がつかなくなる。
今まではプレイデートでは女王様を放牧させ、ママは楽チンさせていただいておりましが、今はほかのママと世間話をする間もありません。
逆に家で籠っていたほうが調子が良かったりする。


時差ボケで就寝前におにぎり2個なんて食べる日が一時期続いたが、夕食時にごちそーさまをしたら、朝まで何も食べない、まただらだら食いを改めるべく、食事、おやつじにしっかり食べ、その間は食べない癖をつけるよう努力中。
自身が夕食を早く食べ終えてたとき、ママとパパが食べ終わるのを待てるようになってきた。
一人遊び、日本のころより少し減っちゃったのは、attentionが少なくなったからかな。


師匠
師匠との生活は相変わらず可愛がってくれるので助かるなぁ。授乳へのやきもちもほとんどなく、おむつ替えはお手伝いしてくれるし、師匠をあやしてくれる。師匠も女王様を見てはニコニコ。
師匠が泣いているのを耳にすると、ママのところにすっとんできて「E君ないてるー!」と教えてくれる。
急に師匠が泣き叫ぶとびっくりして、女王様も泣いちゃうことも。

お誕生日
事前に「お誕生日はなにするの?」と聞いてみたところ、
女王様、「happy birthday to you 食べるの」って。
歌うのじゃなくて、食べるの??
どうやらお誕生日はhappy birthday to youを歌ってケーキを食べると認識している模様。
カップケーキにイチゴを乗せて、歌いましたよ。
お部屋を風船で飾り付けもしてみた。居間に入るなり、動きが止まり、持っていた本を落として、感動の声。「うぁあああー!きれー」
飾り付けをした母はうれしかったよ。
でも、折角の飾り付け、10分もしないうちに全部引き釣り下ろされボロボロになりましたがね。
[PR]
by frogfreak | 2009-12-19 15:03 | チビ蛙 子育て