結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

女王様のクリスマス

クリスマス前

親戚の叔母様から頂いたサンタのおもちゃ。HOHOHOという。
おもちゃ箱から引っ張り出してきた、トナカイのぬいぐるみ。
サンタさんはねトナカイに乗ってくるんだよと教えると、サンタをトナカイのぬいぐるみに乗せて大喜び。

クリスマスツリー飾りました。
ママにとってもアメリカに来て初めてのツリーです。
お店で女王様が選んだ、2メートルほどの木。
飾り付けには女王様も参加。
旦那が幼いころの手作りなんて飾りも。
家族の歴史みたいなものが感じられるのが、ちょっとアメリカ的かな。
ライトをつけると「きれいー」と大喜びの女王様。
クリスマス当日までにはデコレーションの被害はひとつだけですんだ!でかした!

San JoseにあるChristmas in the parkというイベントへ。
公園に何百本ものクリスマスツリーが並ぶのよね。
飾り付けはエリアの学校だったりコミュニティグループだったり。
女王様も「ぴかぴかだねー」と、大喜び。
サンタ小屋(?)もあり、サンタさんと一緒に写真も取れる。しかも無料。
ふらりと出掛けたため、カメラも携帯も持っていなかったのだが、折角だからと並んでみた。
サンタを怖がる子たちも少なくないのでちょっと心配だったけど、事前に、サンタさんの風貌を説明したうえで、小屋の外から覗いて、サンタさんはあれだよーと見せたりしたおかげで、実際に抱っこしてもらって怖がることなく済みました。
サンタとの初遭遇成功!

この時期、イルミネーションがきれいなので、暗くなってからの外出は大喜び。
「ぴかぴかだねー」「サンタさんがおーいってしてるよー」などなど車から外を見ては大喜び。

クリスマス当日
サンタさんが寝ているうちに来ちゃったことを残念がるかと思いきや、きれいな包装紙に包まれた箱を開けるので大忙し。
グランマと一緒のクリスマスディナーを楽しみました。

そして、数日後
クリスマスツリーをお片づけ、毎日、ぴかぴかしてー!と点灯をリクエストしていた女王様、さぞかし残念がるのかと思ったら、ツリー、ばいばいー!だって。
。。。予測不可能。
[PR]
by frogfreak | 2010-01-01 13:52 | チビ蛙 子育て