結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ココちゃんはダブルノックアウトか?

先日、我が家のビーンの名前について記事を書きましたが、その後、いろいろな方からお話を伺い、調べてみたところ、面白いことがわかりました。

二重国籍保持者の場合はヘボン式ローマ字にとらわれなくていいんですね。


c0123668_1853690.gif
例えば、日本の友人のお子さん、ココちゃんといいます。シャネル・ココみたいで、かわいい名前。
でも、日本のパスポート上はヘボン式ローマ字で申請しないといけないので、Cは使えません。
なので、"KOKO"のスペルになるわけです。
それでも、かわいいとおもうけど、ココちゃんの母曰く“ダブルノックアウトみたいだよね。”
c0123668_186985.jpg


はぁ、そういわれると・・・



で、このココちゃんは生粋の日本人なのですが、もし、アメリカで生まれたとします。
二重国籍保持者の場合なのですが、アメリカで生まれた場合、出生地主義を取るアメリカで生まれると自然、アメリカ国籍がもれなく付いてくる。
日本の出生届けをするとき、二重国籍者用申請用紙みたいなのがあって、名前のスペルはヘボン式にとらわれずに"COCO"として申請できる。

では、日本で生まれた場合ですが、父親がアメリカ国籍だったら、子供もアメリカ国籍がもらえます。なので、このケースも二重国籍。
日本のパスポートを作るとき、通常はヘボン式ローマ字を従わないといけません。
ただし!
日本のパスポートの申請以前に、アメリカパスポートで“COCO"と申請すれば、ココちゃんは、日本のパスポート上でもシャネル・ココになれるわけなんです。

情報をくださったMiamamaサン、Chillicoサンありがとう~
これで、随分、選択の幅が広がります~。

頑張っていい名前を探すぞぉお!
[PR]
by frogfreak | 2007-07-21 18:06 | アメリカ生活