結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チビ蛙 一ヶ月検診

数日、風邪でなんだか後ろ向きになってしまってましたが、励ましのお言葉ありがとうございました。すっかり元気になりました。

実は、風邪をひいていた間、アメリカに戻るタイミングを決める話も出ていたのです。
パパ蛙が日本まで迎えに来てくれるのですが、仕事の関係で2月上旬か3月上旬で決めなきゃいけなかったのですが、何しろ風邪ですっかり後ろ向きな人になっていたので、どっぷり、悩んでおりました。
でも、すっかり体力も回復し、思考回路も前向きにモードに。
実家も居心地良いけどこのままだと、根っこが生えてしまうので、さっさとアメリカに戻ることに決めました。

で、日本滞在、(突然)残すところ3週間となりました。
忙しくなりそうです。


ところで、1週間ほど前の話ですが、チビ蛙の一ヶ月検診に行ってきました。

何も問題もなく元気そのもの。
先生には色々な疑問点にお答えいただき、心もクリア。

何より驚いたのは、チビ蛙の育ちっぷり。
毎日、乳にぶら下がっていた結果、体重が激増!
出生時3500グラムだったチビ蛙でしたが、母がホルスタインと化して授乳を続けた結果、1ヶ月で5000グラムを越しました!

・・・どうりで最近重いはず。
チビ蛙、改名、チビ豚にするかぁ???

c0123668_2330478.jpg

↑ ぶくぶくぷりぷり(あまりに見苦しい・・・・すみません)

普通、一日30グラム程度で体重は増加するそうなのですが、チビ蛙の場合、一日50グラムの計算に!
やっぱり西洋人DNAのなせる技?(パパ蛙はアメリカ人としては、そんなに大きくないんですけどねぇ)
それともクリスマス・お正月の高カロリーな食生活が、母乳にも反映したのかな?
これなら、親が育児放棄しても当分生きていけそうな脂肪分は付いてますね。(苦笑)


新生児用オムツもそろそろキツクなってきた。
サイズアップしないといけないようです・・・

予想外な成長っぷりにひたすら驚くばかりです。
とにかく、順調で何より何より♪
[PR]
by frogfreak | 2008-01-13 23:33 | チビ蛙 子育て