結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

サンマテオ・フローズンヨーグルト対決

巷では韓国発のRED MANGOフローズン・ヨーグルトが旋風を巻き起こしたりしてフローズンヨーグルトが流行なんでしょうか?
サンマテオのダウンタウンにも最近2件もフローズン・ヨーグルトの店が出来ました。

実はフローズン・ヨーグルトってアメリカではあまり食べたことがなかった私。
最近聞いた話ではアメリカのフローズン・ヨーグルトはヨーグルトの味がほとんどしなくて、日本のソフトクリームに近いらしい。
(私はソフトクリームって大好きなんだよね。いいこと聞いた)
どうやら、アメリカではそれに対して、"ヨーグルトの味がするフローズン・ヨーグルト"っていうのが新しいらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yogurtoville
c0123668_111852.jpg


開店して数ヶ月、夏休みということもあって、子供たちがひっきりなしに入店してくる。
すっかり人気も定着したようだ。
ここのシステムは量り売り。

c0123668_110516.jpg


店内に並ぶフロ・ヨー・マシン(?)。
なんと常時10種類(12かな?)のフレーバーが楽しめるのだ。
マンゴ・ベリー・バニラ・ざくろ・抹茶などなどと種類は豊富で迷ってしまう。
前回食べて美味しかったカフェモカ・フレーバーは今回はなかった。
そんな感じで来るたびに違うフレーバーが楽しめるのでついつい通ってしまう。

今日は抹茶とざくろをいただいてみました。
カップを持ってフロヨー・マシンのレバーを引くて自分で注ぎます。
量の調整が難しい。いつも入れすぎちゃうんだよね。
何種類選んでもいいのも、また、うれしい。

ヨーグルトをカップに注ぎ終えたら次はトッピング。
c0123668_1153144.jpg

こちらも自分で好きなものをかけ放題。

c0123668_1151690.jpg

なんと、今日のフレーバーにあわせて餡子のトッピングを発見!
やっぱり抹茶には餡子でしょ!ってことで、もちろん餡子トッピングいただきました♪

c0123668_119829.jpg


お味のほうは・・・抹茶とヨーグルト。
微妙かも・・・笑
抹茶+ヨーグルトの渋みは新しい味でした。
個人的には抹茶ソフトクリームのほうが好みかも。(←単純にソフトクリームが好きっていうだけの話)
ザクロはさっぱり味で美味でした

フレーバーによってヨーグルト風味のものと、ソフトクリームに違いものがあります。
ヨーグルト風にモノもはメニューに"TART"(渋いよ)って表示がある。
TART表示がないものはソフトクリームなんだ。じゃ、抹茶はそっちにして欲しかったなぁ。

そんなふうに、ヨーグルト風味が好きな人も、アメリカ風ソフトクリーム味が好きな人も両方が楽しめるようになっているのね。
次回は何を食べようかな♪

c0123668_1251149.jpg


Yogurtoville
407 B Street
San Mateo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Fro-yo

"FRO-YO"。たぶんお店の名前と思われる。
今回はサンマテオのダウンタウンで行われたWINE WALKというイヴェントにあわせてのソフトオープンだったので、お店の看板もまだない。
グランドオープンは7月12日らしい。
c0123668_2511893.jpg

外装からして、フローズンヨーグルトらしからぬ風体。
実はこのお店、眼鏡屋+フローズンヨーグルト屋なのだ。
入ると右手が眼鏡屋。
c0123668_2522299.jpg

左手がフローズンヨーグルト。
c0123668_2524528.jpg

どちらかというと、バーとかホテルのロビーって感じで、フローズンヨーグルトのお店とは思えない。そして眼鏡屋とも思えない。(日本の眼鏡屋だったらありうるかもしれないけどお)

庶民はダウンタウンのサンマテオにこんなモノトーンでまとめたお店なんて、ちょっとうれしい様な恥ずかしいような。サンマテオも少しずつ垢抜けていくのかな。

面白いのが、こんなちょっと気取った雰囲気なのに、検眼をしているときに小さなお子さんが遊びながら待てるようにプレイルームまで整っているのだ。
なんだかおかしなコンビネーション。
チビをプレイルームで遊ばせながら、ソファでのんびりフローズンヨーグルトというのいいのかもしれない。

c0123668_2552715.jpg

このお店はベースのフローズンヨーグルトは2種類で、オリジナルとライチ。
迷わずライチを選択。
トッピングもライチジェリーを乗せてもらいました。
甘さを抑えたさっぱりヨーグルト風味で美味。

FRO-YO(?)
138 E 3rd Ave
San Mateo

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

個人的にはフローズンヨーグルトの味には無頓着な人なので、遊び心一杯のYOGRUTOVILLEに軍配をあげたいと思います。
[PR]
by frogfreak | 2008-07-03 01:30 | レストラン・グルメ