結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チビ蛙メモ 31週~32週

話には聞いていた”後追い”が突然先週から始まった。
ママの後を追っかけて離れないなんて可愛いなぁなんて思っていたけど、実際、その立場になってみると大変!
居間からキッチンが見えるにもかかわらず、キッチンに立つと柵につかまって泣き狂い、お手洗いに行こうものなら必死でハイハイしながら泣きながら追ってくる。

まるでストーカーじゃん!

お昼寝を1回に付き30分しかしない人なので、家事すらろくにできず、自分の時間なんて全くない日が続く。
最初"後追い"が始まったと気付かず、"機嫌が悪い"と思っていたときは、”なんで?なんで?”とイライラが溜まり、チビもそれを察してイライラ。お互いのコミュニケーションもうまく取れなくなってしまった。
今まで言葉は無くても繋がっていたのに、線が切れてしまった感じ。
見かねたパパ蛙がある日、早く帰ってきて夕食の準備から、チビの入浴、寝かし付けまでやってくれ、ちょっと一息つくことが出来た。
落ち着いて周りを見てみると、8ヶ月~8ヵ月半のベビ仲間も同じ状況に陥っていた。
なるほど”後追いね"。そうと分かれば、なんだか気持ちにも余裕が出てきた。
後追いとは、それだけ親子の絆がしっかりと構築されてきた証らしい。そして次のステップに進む大切な時期。
この時期は特にベビに愛情を注いであげることが重要らしい。
しばらく家事は放棄して、チビと遊ぶことに専念するとしよう。
こんなに”ママが好き~っ”ってアピールしてくれるのは今だけかもしれないもんね。
”ママ、触らないで"なんていわれる日も遠くないだろうし。
“大好き”攻撃を楽しむべし。



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


31週
-上の歯が4本生えてきた。あわせて歯軋り開始!(これって普通なんだって)
-アパートが狭いのでハイハイより伝い歩きばっかりする。ハイハイの練習に公園の芝に連れて行ったら芝を食べるのに夢中。
-離乳食を夕方の1回にしてからスムーズに。量もたくさん食べるに、嫌がらなくなった。
-ママと大人のベットでお昼寝中、ベッドから落ちる。ママが寝ているうちに目覚めて行動開始をした模様。
-拍手をパチパチ。
-夜9時間通して寝たっ!やっとぞー!と、思った翌日は3回も起きちゃった。まだ不安定。

32週
-新しく購入したキャリア、ERGO BABY。お気に入りの模様。
-体重を量ったら、9.97キロ。まだ増えるのぉ?!うーん、服が重かったってことにしよう。非オフィシャル数値として無視することにした。
-新しく買ったおもちゃにもあまり興味を示さない。部屋の中にあるもを手当たり次第触る。特に紙。
-PCデスクにあった携帯電話を引っ張って下ろそうとしたら、小物トレイが頭に落ちてきた。
-あちらで”ごっつん”、こちらで”ごっつん”。そこらじゅうで頭”ごっつん”してばかり。
-フィンガースナックを与え始めたら、スナックに夢中で離乳食への興味激減。奮闘の日々再開。スナック禁止、離乳食促進キャンペーン開始。
-歯がむずがゆい日が続く。4回も起きては泣き叫ぶ夜が数日続く。ママはへとへとです。
-お昼寝の前の寝ぐずり30分、お昼寝30分が恒例化。
[PR]
by frogfreak | 2008-07-27 03:54 | チビ蛙 子育て