結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

チビ蛙メモ 51週~54週

チビ蛙。このところ、小難しいです。
風邪と中耳炎をしたためか、それとも自我が育ちまくっているのか。
ご要望(おもに抱っこ)が多くてママはへとへと。

明日から日本です。
じぃじとばぁばにチビを託して、ママは一休みしようかな。むふふふふふ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
51週目
-8本目、9本目の歯が出てきた。最近にょきにょき生えてきてる。
-フォークに食べ物をさして渡すと、フォークを持ってお口にパクリ。
-しばらく”YES"の意味で、首を横に振っていたが、どうやら首を横に振るのは"NO"だと分かった模様
-"もっと"サインが"もっとください”という意味合いより、”~したい”"~欲しい”の意味でやっているみたい
-"どうぞ"と言う時も、当初は物を渡すときに"どうぞ”っていうように、教えたのに、すっかり"XX取ってください””XX欲しいです"の意味になっている。
-"お風呂"のベビーサインが出来た。
-写真がたくさん載っている本をみながら"バナナはどれ?"ときくと指でさせる。
-赤ちゃんせんべいが食べたいとき、おせんべいの入っているキャビネットをたたいて"もっと"サインをする
-"熱い"のサインが出来た。(すんません、熱すぎるまま食べさせてばかりです)

52週
-赤ちゃんせんべいのキャビネットを開けて、袋を見つけて出してきて、"もっと"サイン。さっそく収納場所変更。
-朝の4時半に起きておっぱいをくれとアピールの日々が続く。夜の授乳はもうしないよ~というとずーっと大騒ぎ。パパもママもげっそりです。
-何でも"だだ”。ダダ(パパ蛙)はもちろん、ぬいぐるみも、ママも"ダダ”
-"いっちゃった”といえるようになった。(いつもリスや犬が行ってしまうと、ママが”行っちゃったね"というから)
-TRAINのサイン。ホントのサインとはぜんぜん違うけど、チビなりのサインをするようになった。
-りんごの丸かじりをしたがる。
-気がついたら後ろ向きに歩けるようになっていた。
-着替えをするとき、服を脱ぐのには協力的。トップは片腕はずせば、あとは自分で出来る。
-スプーンやフォークをつかて自分で食べようとするが、カップがお皿にかつかつ突っ込むだけで収穫はないどころか、テーブルがぐちゃぐちゃ・・・。
-大好きなチーズを見ると"ず"という。


53週
-食事中、ママが席を立っても、泣かなくなった。
-大人のベッドの上をジャンプするのが大好き
-相変わらず全てが"ダダ”(パパ)
-就寝前の本(3冊)が終わるとベッドタイムなのを覚えて、同じ本を何度も読ませたり、本が終わると逃げ出したり往生際が悪い
-大嫌いな歯磨き。おとなしくさせてくれた日が数日続いたが、また、逃げるように。
-ペットボトルのふたを口に入れるのが大好き。(でも辞めてほしい)
-ぬいぐるみを常に抱くように。コップでぬいぐるみに飲ませてあげるようママに催促。
-自分でぐるぐる回れる。
-風邪引き

54週
-テレビ解禁 しまじろうデビュー
-ぬいぐるみに執着 お気に入りは一緒に寝るおサルと、おおきめのオラウータン
-風邪が治りかけたと思ったら、中耳炎に。最低最悪のご機嫌。妖怪・うじうじコアラ。
-病気で1週間こもりきったためか、後追いのようなものがみられる
-授乳も風邪の間、欲しがるままに与えていたので、その勢いで、一日中せがまれる。
-病気のせい?やたら怖がりでママにしがみついてばかり。
-クリスマスのプレゼントのライオンさんとペンギンさん。袋から出すなりキス攻撃。最近キス魔。
[PR]
by frogfreak | 2008-12-26 09:30 | チビ蛙 子育て

1歳 


ちょっと前になりますが、先日、チビ蛙、1歳になりました。
生まれたときは、新米ままと新米ぱぱは"うーん、1歳になるまでに壊しちゃうかも"って本気で心配になりましたが、何とか大きな病気ひとつしないで1歳に。

当日は。。。。エーっと、ママのお友達が遊びに来て・・・普通の日。
あ、でも、9歳のおにーちゃまに一杯遊んでもらって、目をハートにしてたので、彼女としては楽しい一日だったのでしょう。(将来が末恐ろしい、恋多き女のようです)

一応、カップケーキなぞ買って来て、ローソクともしたりもしましたが、チビはカップケーキより、日本のじぃじ、ばぁばが送ってきた音のなるバースディカードに釘付け。
ケーキに興味ないのって、きっと、今年だけ?(笑)

親ばか丸出しでチビ蛙の一年を振り返ってみます。

c0123668_15131466.jpg
   2007年12月 チビ蛙、日本で生まれました。3500グラムの元気な赤ちゃん。



c0123668_14512479.jpg
  1ヶ月目 むちむちベビーまっしぐら。



c0123668_14481522.jpg
       2008年2月 アメリカに。パパとの生活が始まる。



c0123668_14523623.jpg
    3ヶ月目 首も大分、すわってきました



c0123668_14531075.jpg
   4ヶ月目の末にはお座りができるように



c0123668_14533586.jpg
     5ヶ月目。ハワイでのおじちゃまの結婚式に参列



c0123668_14564546.jpg
    6ヶ月目。 ハイハイはもちろん、つかまり立ちだって出来るように。



c0123668_14574630.jpg
    7ヶ月。 後追い炸裂!でも、そんなに長くは続かなかったので"ほっ"

c0123668_15155653.jpg
8ヶ月目。バイバイのジャスチャーができたり、音をまねするようになり、コミュニケーションが始まった。

c0123668_15405410.jpg
 9ヶ月目 サポートなしで立てるように。なんにでも興味を示す。

c0123668_1540343.jpg
    10ヶ月目。歩き始める。

c0123668_15413710.jpg
  11ヶ月目。おうちが広くなったので、嬉しいのだ。

c0123668_159011.jpg
  2008年12月 元気に1歳のお誕生日を迎えました。

c0123668_202410.jpg
 これからも一杯遊んで大きくなってね~
[PR]
by frogfreak | 2008-12-10 06:53 | チビ蛙 子育て

Thanksgiving

アメリカ生活5年目のFrogfreakの今年のThanksgivingは初めてアメリカらしく過ごした。
今まで、義母が州外に居た頃は、パパ蛙と3人で外食。
彼女がベイエリアに引っ越してきた去年の今頃、私は出産を控えて日本に居た。

今年は、皆そろってベイエリアに居るので、うちがホストをしなくちゃねってことに。
義母のお友達と、私たちの日本人のお友達家族を向かえてのThanksgivingとなった。

しかし・・・

おもてなしするにあたって、何を作ったら良いのか、イマイチわからなくてね。苦笑
何しろ初めてだから、"ターキー"のほかに何を食べるの??って。


調べたら色々あるんだね。
この時期の旬の食べ物を使って料理をすれば良いみたい。

我が家がご用意したのは
ポークハム (お客様のアレルギー対応)
マッシュポテト
温野菜
Apple-Parsnip Bisque

パンプキンパイ

c0123668_16135593.jpg

(ハムはパパが担当)

この、Apple-Parsnip Bisque、WHOLE FOODSのレシピで見つけたもの。
知らない食材には手を出さない私はParsnipって知らなくて、お店で"Parsnipってどれですか~?"なんて聞いちゃった。

別名アメリカボウフウ(防風)やシロニンジンともよばれるセリ科の二年草だそうで、大根とカブを足して割ったような感じ。ポトフやシチューなどに使われるらしいので今まで食べたことはあるのかもしれない。

このParsnipとりんご、たまねぎ、サツマイモで作ったスープ。
ちょっと甘くて、秋らしい味。
アメリカの料理って意外な組み合わせのものが時々ある。"え?"って思っても、クチにしてみると案外美味しかったりするんだよね。

c0123668_1610212.jpg



お友達家族が持ってきてくれた、コーンブレッドと生クリームスコーンも美味しく、あっという間にお腹一杯に。

c0123668_16114063.jpg


食後はのんびりTVを見ながらご歓談なんていうのあアメリカ的感謝祭午後なんでしょうが、チビがいるとそうは行きません。
お友達夫婦の1歳半の女の子と3歳の元気盛りの男の子、3人ではしゃぎまくり。
年上の男の子が大好きなチビ蛙はおにーちゃまに遊んでもらってご機嫌。

c0123668_16133444.jpg



感謝祭は家族のためのホリデー。今までは大人ばかりだったけど、チビ蛙が増えたことによって、今までとはがらりと変わった。子供たちが転げまわるのを見て、"ああ、家族の時間っていいなぁ"としみじみ感じたよ。
[PR]
by frogfreak | 2008-12-01 14:50 | アメリカ生活