結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

言葉もすっかり上達。
日常のコミュニケーションは普通にできるようになりましたが、単語にはまだまだ制限があるのでいろいろおもしろいことがあります。

珍しくもないことだが、歯磨きを嫌がって逃げるある日の女王様。

ママ;歯磨きをしないと虫歯になるよぉ!
女王様; ぶんぶん??ぶんぶん、いやーね。(ハチは怖いから近寄るなとか、蚊は刺されるとすごくはれるので、蚊の対策を必要以上にしていたら、ぶんぶん(虫)は嫌なものというイメージが出来上がってしまった)

どうやら、虫歯を何かの虫と勘違いしている模様

ママ;そうだよ、蚊に刺されるとかゆいかゆいでしょ。でも、虫歯はすーーーーっごく痛いんだよー
女王様;ぶんぶん?いたいの?いたいのいやーね。

女王様、妙に納得して、仕上げ磨きをさせてくれました。

===========================

元旦の夕方に食料品を買いに女王様と出掛けた。
パーキングには車もまばら。

女王様; 車ないねー
ママ; そうだね。今日はお休みだから、みんなお家にいるんだね。
女王様;みんな、みんな、ねんねしてるの??

あ、、、「お休み」= 睡眠 かぁ。

============================

パトカーのサイレンを聞いてびびっていたので、
ママ; あれはパトカーの音だよ。
女王様;パトカー?
ママ; そう、お巡りさんが乗っているんだよ。
女王様; お巡りさん??
ママ; ほら、♪ 犬の、おまわりさん♪のお巡りさん。
女王様; パトカーね、わんわんが乗っているのね!

ママ; うーん、乗ってないこともないかもしれないけど・・・うーーーん


(後日、お散歩中、停車中のパトカーに遭遇。女性のオフィサーに笑顔であいさつしていただく機会があり、なんとなくパトカー=犬が乗っているという図式は消えたようです。)


=====================================


ママが言った言葉やどこかで聞いた言葉をそのまま覚えてくるから当然なんだけど、
ママに向かって
「ママぁ、おいで~」とか
「ママぁ、これ、食べてごらん」とか
「ママぁ、これ、やってごらん」って・・・
そのまま、リピートされてるってことですね。

まぁ、リピートされるのはわかるんだけど、どこで覚えたのか
「どうしましたか?」って・・・
まるで、お医者さんが患者さんにでも聞くようなイントネーション。
どこで覚えたんだろう。


わかっているようで、まだまだわかっていない2歳児です。




メモ

トイレ、一時、1日2-3回はトイレに行くようになったが、ある日、おむつを異様に嫌がるのを機に、パンツを試させたら、惨敗の数日。
その後、おむつにもどしたんだけど、トイレもあまり行きたがらなくなっちゃった。どうも気落ちしたのかな。

引き続きお友達と、自分のおもちゃのシェアが課題です。
おもちゃの取り合いはまず負ける。
でもって、体を震わせて大泣き。
取ったほうがびっくりするくらい。

日本の歌は結構渋いのが好き。「たきび」「うさぎうさぎ」「でたでた月が」などなど
英語の歌も歌い始めました。「メリーさんの羊」「ロンドン橋」など
マザーグースのハンプティダンプティも好き。
同じくマザーグースの「baa baa black sheep」という曲は彼女の中での題名は「じぃじ、ばぁば」だそうな。笑
ABCの歌も、歌えるようになりました。

お料理のお手伝い始めました
週末は必ずお好み焼きをみんなでつくります。
クッキーを作るのも手伝ったよ。

予防接種、泣かなかったねぇ。
そいう言えば血液検査の採血のときも泣かなかった。
痛いことに対してあまり泣かないんだよね、そのくせ精神的なダメージには弱かったりする。

相変わらず日本語ONLYの女王様
でも、日本語の人と英語の人がいるってことが理解できてきたみたい。
英語の人には宇宙語で話しかけてる。
たぶん、彼女の耳には宇宙語に聞こえるからそれをリピートしている模様。
英語のOUTPUTも間もなくでしょう。

師匠のおもちゃとことごとく自分のものにしてはママに怒られる日々。
それでも、師匠はとっても可愛く思っており、いつも一緒にいたい、可愛がってあげたいと思っている模様。
師匠も師匠で、女王様を常に目で追っては勉強してて、目が合えばにっこり。

TV
英語の番組を少し見せるようになったところ、日本語の番組には見向きもしなくなってしまった。
お気に入りはbarney

食事
好きなものしか食べないなぁ~
お昼は肉まん、うどん、パスタ、お好み焼きのリピートばかり 炭水化物ばっかりじゃん。
夜もねぇ~。同じものばっかりしか食べないよぉ。まぁ、そういう時期なんだろうねぇ。

お昼寝が嫌い!
3時半までお友達の家で走り回っていることもある。(それ以降は怖いから引きずって帰る。)
一度だけお昼寝をスキップしたら、6時ごろから凶悪に。手に負えない状態になったので、二度としたくないのだ!
起床は大体7時から8時の間。体力が付いてきたんだね。
家でお昼寝をするときはママが寝たふりをするんだけど、ママも乱れた髪を直したりキスをしてくれたり。
かわいい・・・でも、「はやくねろよー!」と内心怒る母。

就寝
お風呂から就寝までママとパパが一日交替で担当。
パパの日はママがお休みのキスをしに行くと、一冊本を渡してくれる。
「ママ、ママのベットね」(ママはママのベッドでちゃんと寝ろよ、本でも持っていけ、と言いたいらしい)
時にはママがちゃんとベッドに入るかまで確認してくれる。世話好きおせっかいおねーちゃん道、まっしぐらである。
[PR]
by frogfreak | 2010-01-13 13:24 | チビ蛙 子育て

チビ蛙2号 4ヶ月メモ

ふぅ、もう4カ月かぁ。早いなぁ

3ヵ月半で首も据わり、バンボでお座りの練習始めました。
夜は相変わらず7時間とか寝てくれる。あああ、ありがとうーー
夜の授乳の後は、すぐにベッドにおいても、ひとりで遊んでいるうちに静かに寝てくれる。ありがとぉーーー
お昼の授乳もほしいなぁ、とアピールしながらも随分待ってくれる。ありがとーーーー
泣く時って言ったら、寝ぐずりと、お腹がすいたときぐらい。


どれもこれも女王様のときと大違いである。
師匠、ありがとぉぉぉ。
子供って手をかけた分だけ手がかかるの?

あやすと、すっごい嬉しそうな笑顔。いつもかまってやれなくてゴメンよぉお~
君の笑顔は慈悲深く見えるよ。(罪悪感からそう感じるのか??)

クーイングも絶好調。
おもちゃもニギニギできるように。
いつも女王様を観察中。
[PR]
by frogfreak | 2010-01-01 14:02 | チビ蛙 子育て

女王様のクリスマス

クリスマス前

親戚の叔母様から頂いたサンタのおもちゃ。HOHOHOという。
おもちゃ箱から引っ張り出してきた、トナカイのぬいぐるみ。
サンタさんはねトナカイに乗ってくるんだよと教えると、サンタをトナカイのぬいぐるみに乗せて大喜び。

クリスマスツリー飾りました。
ママにとってもアメリカに来て初めてのツリーです。
お店で女王様が選んだ、2メートルほどの木。
飾り付けには女王様も参加。
旦那が幼いころの手作りなんて飾りも。
家族の歴史みたいなものが感じられるのが、ちょっとアメリカ的かな。
ライトをつけると「きれいー」と大喜びの女王様。
クリスマス当日までにはデコレーションの被害はひとつだけですんだ!でかした!

San JoseにあるChristmas in the parkというイベントへ。
公園に何百本ものクリスマスツリーが並ぶのよね。
飾り付けはエリアの学校だったりコミュニティグループだったり。
女王様も「ぴかぴかだねー」と、大喜び。
サンタ小屋(?)もあり、サンタさんと一緒に写真も取れる。しかも無料。
ふらりと出掛けたため、カメラも携帯も持っていなかったのだが、折角だからと並んでみた。
サンタを怖がる子たちも少なくないのでちょっと心配だったけど、事前に、サンタさんの風貌を説明したうえで、小屋の外から覗いて、サンタさんはあれだよーと見せたりしたおかげで、実際に抱っこしてもらって怖がることなく済みました。
サンタとの初遭遇成功!

この時期、イルミネーションがきれいなので、暗くなってからの外出は大喜び。
「ぴかぴかだねー」「サンタさんがおーいってしてるよー」などなど車から外を見ては大喜び。

クリスマス当日
サンタさんが寝ているうちに来ちゃったことを残念がるかと思いきや、きれいな包装紙に包まれた箱を開けるので大忙し。
グランマと一緒のクリスマスディナーを楽しみました。

そして、数日後
クリスマスツリーをお片づけ、毎日、ぴかぴかしてー!と点灯をリクエストしていた女王様、さぞかし残念がるのかと思ったら、ツリー、ばいばいー!だって。
。。。予測不可能。
[PR]
by frogfreak | 2010-01-01 13:52 | チビ蛙 子育て