結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
気の乗らないままトイレトレーニングを始めたのは女王様が1歳と7カ月のころ。彼是1年前。
私はしたくなかったのよ、だけど、パパとばぁばがノリノリでねぇ。
パパは「うちの娘は賢いから、すぐ出来るようになる!」(←親ばか、ばかばか!)
ばぁばは「うちの子たちは3人とも1歳半には外れてた!女王様もできるはず」
そして二人揃って「大丈夫!私が手伝ってあげるから!」(← はいはい、10%ぐらいはお手伝いいただきましたよ。でもね、大部分は私なんだよ!)

なんだか二人に押されてやる気のないまま、早すぎる時期に始めたトイレトレーニング。
最初はやる気もなかったから、出来なくてもなんとも思わなかったけど、一時期、ぐーんんと伸びて、出る前に「おしっこー」と言えるようになったのが数週間あり。
ママもほくほく♪
このまま調子の乗っていけるかもと、布パンツを使用した途端に、お漏らしの嵐。
そうなると、なんだかこちらも焦ってきて、なんだか失敗されると怒れてきちゃうようになって、トイレトレーニングがストレスになってきた。

結構、怒ったりもしましたよ。(怒っちゃいけないってマニュアルにはあってもどうしてもねぇ。)
中断もしたりしましたよ。
スタンプ制度を導入したり、出来たらお菓子って手も使ったし、しまじろうパンツは1日1回!濡れたら、そのあとは、無地のつまらないパンツっていう手も。布おむつと紙おむつの2重で濡れた感覚を味わってもらうとか。
色々やっても、なかなか進まず。。。。前進しては後退ってのと繰り返してました。

外出の時用に、ポータブルトイレを使うようになってから大分良くなったかなって思っていた矢先に、数日、調子がいい日が続いた。
ある日、友人のお宅でのプレイデートに行く朝、どうしても、紙おむつじゃなくて布だけで出かけたいと主張。このところ調子がいいからやってみるかな、と、試したみた。

が、
敢え無く、友人宅でお漏らし。
カーペット濡れちゃったよ。

私はもう、申し訳なくて恥ずかしくて、いつものように「こらーっ」って怒れなくて(←怒っちゃだめなんだけど)もう、怒りでぷるぷる。。。てな感じだわさ。
Aちゃんのママにごめんねするのよと女王様を促したところ、女王様も素直に「SORRY。。」と。

この日、彼女なりに、「やっちゃいけないことをしちゃった」って思ったんでしょうね。
以来、ほぼ1カ月、ほぼ、完璧。
大きいほうも、小さいほうも。 感涙~

まだまだ、おまるが好きなので、おおきなトレイへの移行も必要ですが、まずは第1フェーズ完了。
長かった。。。涙

師匠のときは2歳半まで何もしないぞ。したくない。


女王様、2歳7カ月メモ

- 自分で”Mちゃんね、2歳7カ月なの”という。これ、たしか2歳5カ月から始まりました。
- お着替え、靴の脱ぎはき、自分で進んでしてくれるようになりました。
- トイレトレーニング、ほぼ完了
- 夜もおねしょはなし。これは随分前からで、先日は夜中に起きて、大きいほうをしたり。
- アルファベットの大文字は完璧、でも、ひらがなはあまり興味がない
- 鉄棒で手の間に足を入れてくるんと回れる
- 師匠とはおもちゃの取り合いで負けて泣かされる
- 夜一人で寝入るとき、まだ不安な模様。でも、毎日ちゃんと一人で寝入ってます。
- お昼寝3時から。抵抗しながらも毎日昼寝をしています。
- ママが師匠の相手で忙しいせいか、お友達のママにお世話をリクエストしたり。
- 言葉の理解力は高く、簡単にこなして話せば、たいていのことは理解してくれる
- 大きいから着れない、小さいから入らないなどのフレーズ、よく、因果関係が間違ってる
 「このシャツ、大きくなったから着れないねぇ」(いやいや、あんたが大きくなったんだよ)
- 大きなプール、怖がらずに楽しめるように
- 朝食に1時間かけるのは辞めてほしい
[PR]
# by frogfreak | 2010-07-17 14:03 | チビ蛙 子育て
師匠、10か月(と、10日)になりました。

相変わらず爆走はいはいで姉の女王様を追いまわし、”こっちきちゃだめーーーっ”と嫌がれています。来ちゃダメと言われても、爆走トラックは止まりません。

うちはカタカタ(補助ウォーカーみたいなもの)がないので、子供用の椅子やおもちゃを押して歩く練習中の師匠。
歩ける日も結構近いかも。

- 粘土を食べてママをびっくりさせる
- ちょっとベビーサインのようなものが出てきました。ゴハンとモットのサイン。
- ”だだだだだー”と”だ”音が大好きな師匠。そのたびにパパが”はーい”と反応していたら、どうやらちょっとダダ=パパ(うちではパパはダダと呼ばれている)と認識し始めた模様
- ”ご馳走様”というと頭を下げる・・・ていたのは、1週間前まででした。
- 女王様と一緒にお風呂に入ってぴちゃぴちゃお水の掛け合い。
- おむつ替えは至難の業。立ち替えが常となりました。パンツ型のを使ってないから辛いのよね。
- たたく、つねる、かむ、ひっかくなど荒技の連発。ママはネコでも飼っているのではないかと思われるような傷だらけ。
- カーシートに入るときはとにかく抵抗。おせんべいで気をそらして座らせたり、力づくで押し込んだり。
- 夜、調子よく朝6時まで寝ていたのに、最近また起きちゃうのよね。涙 歯が生えてるのかしら。
- 歯は6本 歯磨きは比較的抵抗なし
- 離乳食 チーズ、フルーツ、ちぇりおが好き。パスタや混ぜご飯、野菜パンケーキなどが定番メニュー。好きじゃないものだと大騒ぎで抵抗。かなり好き嫌いあり。食事の時間は女王様と師匠の間でイライラ度が高まります。
- 新しいものとお馴染のものの区別がつくようになったようで、あたしいものにはちょっと怖がるようになる。
- 言葉をリピートする。ばなな、だだばいばい、できたー、などの言葉をリピート。それが何を意味するかはわかってはいない。当然。
- ばば(ばいばい)といって手を振る
- 手を持ってあげれば、20歩ぐらい歩ける。カタカタなどを大喜びで押して、前進中。
 
[PR]
# by frogfreak | 2010-07-06 13:37 | チビ蛙 子育て
最近は口達者&理屈がわかってきた女王様

先日、夕食後、お庭で遊びたいという女王様。
パパ: うーん、でも、お外はもう寒いから、やめようよ。
女王様: ジャケットきるよ。
パパ: はい。。。。着ます。


うちわをおもちゃとして遊んでいるんだけど、ボロボロになってきてハリも出て危ないので、捨てようとしたところ、その現場を押さえらてしまった。
ママ: もう、ボロボロになったから捨てようね。
女王様: ママ、テープはって。
ママ: 。。。はい、そうさせていただきます。

最近、とっても「ごもっとも」な女王様。
なかなか一筋縄ではいかなくなってきました。

女の子ってホントに口が達者である。






女王様、作詞作曲も始めました。
♪ 順番、順番、じゅんばんだよーーー、だーめだおーーー♪
最近、こんな訳のわからない、自作の歌を一人で歌っています。
女の子だねぇ。


ここ1週間ほどひじょーーーーに荒れ模様の女王様。
ママもキレまくってますよ。
昔は2-3歳児のママがぶりぶり怒っているのを見て、なんでそんなに怒るのぉ?そんな風にはなりたくないなぁって思っていましたが。もう、無理無理!
今日も昨日も朝からぶちぶちーーーっぶちーーーーーっって切れたよ。
2歳児だねぇ。。。はぁああああーーーー
[PR]
# by frogfreak | 2010-06-18 14:25 | チビ蛙 子育て
こちらも気が付いたら9ヶ月半。


生まれて数カ月は、「いつもにこにこ笑いながら、座っているおとなしいベビー」という印象だった師匠。
人が変わってから、数か月。
その変わりようは拍車がかかる一方で、どんどん荒っぽい人になっています。
女王様も我のついよい方でしたが、メじゃありません。
これが触りたい!あっちに行きたい!これは、いや!とものすごい勢いで突進中。



- 高速ばく進ブルドーザーはいはい
- 目下の目標は女王様の寝室のナイトライトを触ること。(はずしてコンセントで遊ぶので、女王様が起きたらすぐはずしてBABY PROOFで栓をしています。)それから、女王様のおまるにさわること。バスルームの扉が開いていたら、ばく進!しかし、いまだ目標達せず!
- 伝い歩きすき。クリブのヘリにつかまってジャンプ大好き。(こわれそー)
- 女王様が大好きなので、女王様の傍にいたいのだが、おもちゃで一緒に遊ぼうとする(女王様の立場から言うと、おもちゃを取る)ので嫌がられる。
- 離乳食。かなり我儘。フルーツ味がいい、和風だしは嫌。食べる順番にこだわる風がある。エプロンは嫌。など、すぐにきーーーーっと怒ることが多い。離乳食全体の進み具合は遅いほうかな。
- 二人目のサガで、お昼寝は車で済ませることが多いせいか、ベッドでのお昼寝だと寝かせるのが一苦労。
- 拍手ぱちぱち、下を出してぶーー、両手をあげてテーブルバンバンなどしながら(?)女王様とコミュニケーションを取っています。(二人して、一緒のことをやっては笑って楽しんでる)
- 夜中、まだ、1回ほど起きるけど、早い段階でベッドの隣に置いてあるクリブに手を伸ばしてトントンしてやればすぐ寝に戻る。遅いと、1時間ほど泣いてるんだよねぇ。朝は6時起床。涙
- 動いていたいんでしょう。ハイチェア、カーシート、入れられるのと大きな抵抗にあいます
- 定期健診で体重、身長を測ったら、ここ3カ月ほどあまり変化がない。先生に「肉、アボガド、ヨーグルト、チーズなどをもっと食べさせるように」指摘される。ちょっと動物性のものを避けてきたのだけど、やっぱり与えないといけないのかなぁ。でも、とにかくNON STOP BABYなので運動量もすごいし、食べたものはしっかり下から出ちゃっているし、仕方ない気もするんだよねぇ。べつに大きめ(身長体重ともに75パーセンタイル)だから気にすることもないんだろうがなぁ。


 
[PR]
# by frogfreak | 2010-06-14 13:45 | チビ蛙 子育て
女王様はお稽古ごとでアートのクラスに行っている。
日本語と中国語、英語でのクラスで、親は参加しなくていいのでもってこい!
アートのクラスといっても、歌を歌ったり、本を読んだりの3時間。
でも3時間は3歳の子向けで、彼女はまだ2歳だからそのうち1時間だけ。
先生が、Mちゃんは3時間でも大丈夫ですよって言うので、3時間クラスに延ばしてみた。

もともと、保育園経験があるので、親が一緒じゃなくてもさほど嫌がる様子もなく通っていた。
私も彼女を預けることによって師匠との時間が少し持てるので嬉しかった。
クラスが終わると、たのしかったよーって言うんだけど、どうもママの中では何か引っかかっていたんだよね。

明日から3時間だよ、というと、「ママも行くの?」
そういえば、前回クラスに行く道中にも同じことを言っていた。
「学校、好き?楽しいかな?」と、聞くと、ちょっと目をそらして、おもちゃで遊びだす女王様。
あ!話をそらしたいときとか、何かごまかすときのしぐさだ!

しつこく聞いてみると、どうも答えにくそうにしていたが、何度も聞いてみたところ、どうもあまり楽しくないらしい。が、理由はうまく答えられない。それも、当然、若干、2歳5か月ですものね。

要因はいろいろ考えられる
- 落ち着いたクラスなので、ハイパーアクティブガールな女王様にはちょっと向かない (もっと体を動かしたり、ハイテンションはノリがいい?)
- クラスメイトは8人中日本人が彼女を含めて2人しかいない (他の子たちと意思疎通ができない)
- ほかの子たちは3時間いるのに、彼女だけ1時間なので輪に入れない (これは3時間行くことによって解消される)

などなど。


2ヶ月間通った日本の保育園はとっても楽しかったんだよね。帰るのを嫌がるくらい。


。。。。。と、ここまで書いたのは彼是1ヵ月半前。
随分長いこと放置してしまいました。


でね。結果からいうと、師匠がはいはいをはじめ、離乳食もがんがん食べるようになり、明らかにママのあテンションが女王様から師匠に移っているのが原因だったのよね。

クラスだけじゃなくて、彼女自身も不安定で、反抗的だったり、やたらあまえたり、ちょっとしたことで泣いたり。
クラス、ママも行くの?っていうのは、クラスが嫌なんじゃなくて、ママと離れるのが嫌だった模様。
師匠が動くようになり、目が離せなくなるとともに、女王様のわがままを受け入れてやれる余裕もなくなり、がみがみママになることも多くなってしまった。
彼女も辛いんだよね。

で、

とある日曜日、女王様とママの二人で遊園地(GILROY GARDEN)に行ってきた。
1日二人きりでじっくり遊んだら、結構、安定した。
時々意識して二人の時間を作ってやるべきだね。
まだまだ2歳と5カ月(放置している間に2年6月になっちゃったけど)。甘えたい盛りだもんね。
ごめんよ。

最近はすっかりおねーちゃまらしくなったと同時に、師匠を邪険にも扱うようになってきた。
女王様が手にするおもちゃすべてが気になる師匠。
突進してきては奪おうとしたりするからね。
「こっちきちゃだめー!」「あっちいってー」なんて叫んでる。
でも、9か月のベビにおもちゃを取られて泣いてたよ。ははは。
_____________________________________

2歳6カ月の女王様

- 英語、フルセンテンス" I see a cow"”M(名前) wanna get in there!"なんてことも言えるように。理解は随分できるようになりました。
- とあるプリスクールのフェアでサックレースに挑戦。以前からやってみたかったので大満足
- 粘土、水彩絵の具、折り紙などの工作がお気に入り 
- 体操のクラスが大好き。
- アルファベットはほぼ分かるようになったかな
- 寝かせつけ。やっとひとりで寝付くようになりました。でも、まだ夜中はパパが隣に寝てるけどね。
- 一時期赤ちゃん帰りで不安定な時期はあったものの、比較的安定。癇癪もやんちゃも随分少なくなりました。
- 意思をしっかり伝えられるのこと、「XXのあとならしてもいい」とか「XXだからだめ」といった理屈も分かってきているもよう。
- 着替え、靴の脱ぎはき、手洗いなども自分ひとりで(気分が乗れば)できるので随分助かるようになった
- トイレトレーニングは山あり谷あり。今の時点ではママに2時間ごとに誘われることにより、なんとか数日クリア。まだ、自分で行きたい!というのを待っていると失敗しちゃう。
- 師匠に対して複雑な気持ちが芽生えています。今までは座ってにこにこしていたベビが動き出して自分のおもちゃや自分のエリアに踏み込まれているので、只今、応戦中。姉弟の複雑な愛憎関係の始まりです。
これを通して大人になってね。
[PR]
# by frogfreak | 2010-06-09 14:29 | チビ蛙 子育て