結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

女王様のクリスマス

クリスマス前

親戚の叔母様から頂いたサンタのおもちゃ。HOHOHOという。
おもちゃ箱から引っ張り出してきた、トナカイのぬいぐるみ。
サンタさんはねトナカイに乗ってくるんだよと教えると、サンタをトナカイのぬいぐるみに乗せて大喜び。

クリスマスツリー飾りました。
ママにとってもアメリカに来て初めてのツリーです。
お店で女王様が選んだ、2メートルほどの木。
飾り付けには女王様も参加。
旦那が幼いころの手作りなんて飾りも。
家族の歴史みたいなものが感じられるのが、ちょっとアメリカ的かな。
ライトをつけると「きれいー」と大喜びの女王様。
クリスマス当日までにはデコレーションの被害はひとつだけですんだ!でかした!

San JoseにあるChristmas in the parkというイベントへ。
公園に何百本ものクリスマスツリーが並ぶのよね。
飾り付けはエリアの学校だったりコミュニティグループだったり。
女王様も「ぴかぴかだねー」と、大喜び。
サンタ小屋(?)もあり、サンタさんと一緒に写真も取れる。しかも無料。
ふらりと出掛けたため、カメラも携帯も持っていなかったのだが、折角だからと並んでみた。
サンタを怖がる子たちも少なくないのでちょっと心配だったけど、事前に、サンタさんの風貌を説明したうえで、小屋の外から覗いて、サンタさんはあれだよーと見せたりしたおかげで、実際に抱っこしてもらって怖がることなく済みました。
サンタとの初遭遇成功!

この時期、イルミネーションがきれいなので、暗くなってからの外出は大喜び。
「ぴかぴかだねー」「サンタさんがおーいってしてるよー」などなど車から外を見ては大喜び。

クリスマス当日
サンタさんが寝ているうちに来ちゃったことを残念がるかと思いきや、きれいな包装紙に包まれた箱を開けるので大忙し。
グランマと一緒のクリスマスディナーを楽しみました。

そして、数日後
クリスマスツリーをお片づけ、毎日、ぴかぴかしてー!と点灯をリクエストしていた女王様、さぞかし残念がるのかと思ったら、ツリー、ばいばいー!だって。
。。。予測不可能。
[PR]
# by frogfreak | 2010-01-01 13:52 | チビ蛙 子育て

チビ蛙1号 2歳メモ

アメリカにもどってあっという間に3週間。
毎日がめまぐるしく過ぎていきます。
気が付いたら女王様も2歳になりました。


アメリカにもどった当初は、覚えてはいるけど久々の自分のおもちゃたちも目新しく、一人で黙々と遊び、師匠のお世話も進んでして、何をするにも聞き分けよくとっても”いい子ちゃん”だったのだが、数日経ってから豹変。

「2歳児」です。
魔の大魔王、2歳児です。
先月はあんなに落ち着いていたのになぜ???

やはりばぁばの存在が大きかったのかな。
ママも忙しく、あまり遊んでもらえないし、衝突したときに気分を変えてくれる第三者的存在もいないせいもあるのかな。

朝食に1時間半もかかったり・・・
やり取りはこんな風
女王: (朝食のテーブルにパンがなかったので)パンが食べたい~!
ママ: (ポンを与える)
女王: (なにが気に入らなかったのか、手でぐちゃぐちゃにして)ぐちゃぐちゃになっちゃったー!
ママ: まだ食べれるからそれ食べなさい
女王: パンちょーだいー!新しいパン
ママ: あんたがぐちゃぐちゃにしたんだから、それ食べなさい!
女王: いやー!(パンを床に投げ捨てる)
ママ:   (ぶっちーーーーー!)(切れる音)
女王: ヨーグルトほしいー!
ママ: 用意して持ってくる
女王: いや!いらない!
ママ:  (ブチブチーーー!)
女王: こっちの椅子(パパの椅子)で食べる!
ママ:ここはパパの椅子でしょ。あなたは自分の椅子で食べるのよ。
女王: いやーーーー!ぎゃーーーー!!
ママ:  (ブチブチブッチーーーーー)


こんな具合の繰り返して1時間半。
ほとんどやくざに因縁つけられてるような堂々巡り。
2歳ですわぁ。

それでも20-21ヶ月のころのような、こちらがわけのわからないままの癇癪よりは楽かな。
女王様が何故お怒りなのかがわかるから。(だからコトによっては無視)
20-21ヶ月のころはこちらは何が何だか分からないまま、女王様は怒っているから、もう、いつ爆発するのかってびくびくだった。
ある意味、今のほうがマシ。


言葉
お友達がね、がぶってしたの (お友達に腕をかまれたことを思い出して)
ペンギンさんがね、かいぃかぃいしてたの  (動物園のペンギンが掻き掻きしていたのを思い出して)
サンタさんがねやっほーって言ってたの   (クリスマスデコレーションを思い出して)
Mちゃんんもお買いもの行きたいー
ママ。何やってるの~?Mちゃんね、バブルしてるの~

・・てな具合で、比較的スムーズなコミュニケーションが取れるようになってきました。
(人間相手の)ご挨拶もちゃんとできる。
お名前は?Mちゃん、いくつ?の質問に答えれるようになった。
英語も聞くほうはだいぶ分かってきたみたい。
でも、話すほうは全く駄目。まぁ、そのうちね。

生活
お友達との衝突が目立ちます。
おもちゃのとりあい。女王様が「かしてー」といってもかしてもらえない。(まぁ、この年齢じゃ当たり前だが)女王様が持っているおもちゃを取られる。まぁ、この時期よく見られる光景。
これに、過剰反応なんだよね。
火がついたように大泣き。
スイッチが入るとお友達とちょっと肩がぶつかったりしただけでも、大泣きになり、もう、泣いて泣いて泣いて・・・で、収拾がつかなくなる。
今まではプレイデートでは女王様を放牧させ、ママは楽チンさせていただいておりましが、今はほかのママと世間話をする間もありません。
逆に家で籠っていたほうが調子が良かったりする。


時差ボケで就寝前におにぎり2個なんて食べる日が一時期続いたが、夕食時にごちそーさまをしたら、朝まで何も食べない、まただらだら食いを改めるべく、食事、おやつじにしっかり食べ、その間は食べない癖をつけるよう努力中。
自身が夕食を早く食べ終えてたとき、ママとパパが食べ終わるのを待てるようになってきた。
一人遊び、日本のころより少し減っちゃったのは、attentionが少なくなったからかな。


師匠
師匠との生活は相変わらず可愛がってくれるので助かるなぁ。授乳へのやきもちもほとんどなく、おむつ替えはお手伝いしてくれるし、師匠をあやしてくれる。師匠も女王様を見てはニコニコ。
師匠が泣いているのを耳にすると、ママのところにすっとんできて「E君ないてるー!」と教えてくれる。
急に師匠が泣き叫ぶとびっくりして、女王様も泣いちゃうことも。

お誕生日
事前に「お誕生日はなにするの?」と聞いてみたところ、
女王様、「happy birthday to you 食べるの」って。
歌うのじゃなくて、食べるの??
どうやらお誕生日はhappy birthday to youを歌ってケーキを食べると認識している模様。
カップケーキにイチゴを乗せて、歌いましたよ。
お部屋を風船で飾り付けもしてみた。居間に入るなり、動きが止まり、持っていた本を落として、感動の声。「うぁあああー!きれー」
飾り付けをした母はうれしかったよ。
でも、折角の飾り付け、10分もしないうちに全部引き釣り下ろされボロボロになりましたがね。
[PR]
# by frogfreak | 2009-12-19 15:03 | チビ蛙 子育て

そろそろ終わり

パパ蛙が来ました。

とうとう、日本滞在も終わりに近づいています。
パパと数日滞在の後、アメリカへ。

パパがもうすぐ来るよ~
もうすぐ飛行機に乗ってパパのうちに帰るよ~
ママとパパと師匠と、みんな4人で行くんだよ~
と、ここ数日、説明しております。

パパの家に行ったら、ばぁばとじぃじはいないんだよ、というと
「あ、そうか」ってわかったような返事をするけど、本当に分かっているのだろうか??
とりあえず、パパがもうすぐ来て会えるってことだけは把握していた模様。
でも、流石に実際に会うとびっくりみたいで、しばらくは無口な女王様。
理解できない言語(英語)でパパが話すから無理もないんだけどね。

でも、1時間もしないうちに興奮状態に入り、とてもご機嫌な女王様。
パパの理解不可能な言語(日本語)でどんどんお話ししてコミュニケートを図ろうとしておりました。

さぁ、日本滞在も残すところ数日。
ママは荷づくりに忙しくなります。

[PR]
# by frogfreak | 2009-11-23 14:58 | 日本帰省中

チビ蛙2号 3か月メモ

3か月で7400グラムになりました。
スタート地点では300グラム勝っていた師匠ですが、この時点で女王様に逆転されました。
女王様、3カ月の時点で7700グラム。顔も朝青龍だったっけ。
どちらにしても、でかい方だね。


-ご機嫌だとクーイングもニコニコ顔でやってくれて、こちらもついニコニコです。声もあげて笑うようになりました。女王様がチビだったころより愛想がいいかも。
-オムツ、2ヵ月半でMサイズになりました。しかし、それでもゆるゆるウンチが背中からいっぱい洩れて着替えの頻度も高い。
-パスポートの申請や、お買いものなどで名古屋にもお出かけすること数回。いつも良い子です。
-夜は5-6時間x2回まとめて寝てくれるので大助かり。
-首も大分据わってきたぞ。おんぶができる日も近いかな。
-両手を口に入れようと頑張っています。おてて、見つけたのね♪
[PR]
# by frogfreak | 2009-11-20 21:47 | チビ蛙 子育て

チビ蛙1号 23か月メモ

あっというまに2歳まであと1か月の女王様
最近のイヤイヤの女王さまの様子は以下のとおり

11月から週に数回、午前中だけ託児所にお願いすることに。
やっぱりはじめての場所は心細そうで、背中が悲しそうだった初日。(ママ、ちょっと凹む)
2回目からはぐずられるかと思いきや、案外平気。
以前の保育園のように、「まだ、遊びたーい。帰りたくなーい」とまではいかないけど、ちゃんと素直に通っています。
強くなったのぉ~



フィギュアスケート、テレビを見ながらくるくるまわって真似っこしてみた。
片足バランスで回る姿を見て、自分もやりたくなったようだが、何故か両足を手でつかんで上げようとする女王様。
・・・・宙に浮いちゃうよ。



ママが師匠を抱っこしていたのが気に入らなくて、師匠を下せと、指示してきた女王様。
ここは断固、譲れないと、ママがお断りを入れると、30分以上も泣かれてしまった。そのうち師匠も耳元で泣き出し、まさに二重奏。
二重奏自体は珍しくもないけどね。



近所のちっこい牧場に行ってきた。馬、羊、山羊、しか、うさぎ、鶏、牛、豚など色々みて大喜び。
餌をあげたがるので、餌用人参を買ってやったが、いざとなると怖くて手が出ないビビり屋の女王様。



歌が大好きな女王様。いろんな歌を歌えるようになりました。
が、当然、歌詞を正確に言えるわけもなく、発音ももどかしいものがあるのよね。
ミッキーマウスの歌を歌う時なんて、「いっきーます、いっきーます、いっきーいっきーまーす♪」って。
ぷぷぷ。



覚えた歌は数知れず。一日中何かを歌いづける女王様。
こちらは毎日が「ドレミファどん」で、ちょっと音のはずれた歌を聴きながら、これはなに??と首をかしげる。
一緒に歌えば、「だめー、お歌、かけないの!」(歌うなと言いたいらしい)と、お断りにあい、歌わなければ、「一緒に~」と、歌うように指示が入る。
どっちやねん。


どこで覚えてきたか「かくれんぼ」がお気に入り。
でも、隠れながら、「もーいーかい?」は何かちがうぞ??




-歌詞の正確さはともかくとして、通して歌える歌はたくさん。「大きな栗の樹の下で」「夕焼けこやけ」「おててつないで」「とんぼのメガネ」「ぞうさん」「めだかの学校」などなど

-道で見かける犬や、児童館のぬいぐるみには「こんちきは」と挨拶が自主的にできるんだが、人間相手にはさっぱりである。

-落ちているものを口に入れたり、口に含んだ飲み物をだしたり、ママが嫌がる反応を楽しみながらするよう
になってきた。

-「あのね~、今ね~、Mちゃん(←本名)ね~、xxしてるの~」と、だらだら話す。

-「やっぱり」というフレーズをかなり正確に使える。「やっぱり、やめるー」とか。日本語は完全にパパ蛙を超えたね。

-「ここ、座っていいよ」など、「xxいいよ」という表現は、じつは「座れ!」という命令形。お断りすると怒られる。

-遊び食べが盛んな今日この頃、夕食に1時間かかったり。うちはフルコースディナーなんて出した覚えはないんだが。

-旬な食べ物、高級なものは、口に入れずしてわかるセンサーが付いている模様。見ただけで食べる食べないを判断する割に、命中率(?)が高いのが不思議である。

-お風呂の前のトイレは毎日できるのに、相変わらず、ほかの時間帯はお誘いしてもやりたがらない。進まないぞ、トイレトレーニング。

-今までとんとできなかったのが独り遊び。急にするようになり、箱や紙くずに語りかけている。(縫いぐるみなどはモチロンね)これでずいぶん助かるぞ!(嬉涙)

-師匠のオムツ替え時には、おむつを選んであげるのが日課 (メリーズを使っているので、動物の絵が付いているのよね。)

-お着替えはママが出しておいたものを素直に着るようになった。(嬉涙)

-「なにしてるの~?」を一日中唱えては、ママやばぁばのあとをついて歩いてます

-すっかりイヤイヤ期にはいった女王様、でも、8月9月に比べると大分、物分かりがよくなってきました。とにかく、以前は、癇癪がすごかった。
突然、怒り出すから、こちらも気を遣いましたが、最近は、お話ができるようになって、自分のしたいことも表現できるようになったせいか、癇癪はずいぶん減りました。あー、よかった~。。。
[PR]
# by frogfreak | 2009-11-06 14:38 | チビ蛙 子育て