結婚を機に米国加州はベイエリアに移住。07年にチビ蛙1号(♀)(通称、女王様)を、09年に2号(♂)(通称、師匠)を出産。パパ蛙と一緒に2匹のチビを追いかける日々。Frogfreakの気まぐれチビ蛙生息メモブログ。


by frogfreak
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

近所で銀行強盗!?

数日前、うちから歩いて5分とないところに在る銀行が銀行強盗にあったらしい。

なんと、うちが口座を持っている銀行!
よって、よく行きます!くわばら、くわばら。

この辺は治安がいいから、銃社会だとか犯罪だとかとは縁がないものだと思っていたら、びっくり!
でも、よく考えてみたら、日本でだって、街中の銀行に昼間から銀行強盗が入ったりするから、治安のいいエリアかどうかっていうのも関係ないなぁ。

日本の銀行強盗の場合、警察が包囲し、強盗は人質をとり、説得の末、お縄頂戴っていうイメージ。成功率の高い方法は銀行強盗は銀行輸送車を襲撃!なんて勝手なイメージがある。いずれにしろ、検挙率は高そうな感じがする。(勝手はイメージかな?)

こちらの、銀行強盗さんは銃を持ってマスクをして銀行に入っていくところを通行人が見かけ、警察に通報したのですが、警察が到着したときにはすでに逃走。

ダンナ曰く、”大体、銀行強盗って捕まらないよー。”だそうです。
指紋から前科があるような人はメンが割れることも在るそうですが、警察も、大走査線をはるようなことはしないらしい。だから、大体、捕まらないらしい。
”成功率高いから、銀行強盗って割のいい犯罪って感じで、なくならないんだろうねー”って・・・

”・・・はぁ??”って感じ。警察は何をやっているんだー!
税金は戦争ばかりじゃなくて、もっと有意義に使って欲しいものですね。

あと、オモシロいなと思ったのは、銀行側が被害額を発表しないこと。
どちらにしろ保険でカバーされるけど、イメージダウンを避けるためか、或いは大金が盗まれた場合、そんな大金が支店内に在ることを次なる強盗に宣伝したくないからなのか、通常、発表しないんだそうです。

口座を持っている私としては、気になるところなんだけどなぁ。

**後日談**

聞くところによると、銀行強盗は治安のいいサンマテオ・カウンティでも少なくなく、年に1回ぐらいの頻度であるとか。知らなかっただけなのね。驚きー。
ま、別におとなしくしてれば撃たれるわけでもないだろうし、最近の日本で頻発する猟奇的な事件に巻き込まれるよりは安全かな??
[PR]
# by frogfreak | 2007-05-16 20:23 | アメリカ生活

ブログ再開♪

以前、更新していたブログを更新しなくなってから、数ヶ月。
ブログの引越しすることにしました。

引越しというか、長いお休みの後、再開するきっかけ、というか、また書いてみようと思ったきっかけは、まちにまった妊娠。
随分長いこと切望しながら、なかなかうまくいかなかったけど、今週でなんとか11週目にこぎつけた。

もしまた、駄目だったらと心配しながら今日までに至ったが、この大事な時期こそ一つ一つ感じだことを記しておきたいなと思う。

一時期は臭いに敏感になりすぎてキッチンに立つことすらろくに出来ず、食べれるものといえばグローサリーショップの作りおきラザニア、マカロニチーズや冷凍食品。
(不思議なことに普段は絶対に手を出さないようなものが無性に食べたかったのだ)
そして一日中、気持ち悪くてソファーに寝そべってTVを眺めるだけの日々を過ごした。

ここにきて大分、体調がよくなったのか、それとも慣れてコントロールが出来るようになったのか比較的普通に生活できるようになった。
それでも、夕方になると電源を切ったかのようにエネルギーがなくなり、ぐったり。
そんなときはお昼寝~。
ぷーたら主婦だからこそ出来るようなもので、世の中の働く妊婦さんには脱帽である。

まだまだ長い道のり。大事な時期だから無理しないで過ごそうっと。
[PR]
# by frogfreak | 2007-05-14 09:53 | 妊娠・出産